爬虫類両生類天国!「生さだ」中継地、エクアドルの首都キトのカロリーナ公園内ビバリウム

爬虫類両生類天国!「生さだ」中継地、エクアドルの首都キトのカロリーナ公園内ビバリウム アイキャッチ

NHK総合、2018年8月26日午前0:05~(25日深夜24:05~)放送の「今夜も生でさだまさし」は南米エクアドル、キトから!
中継地のカロリーナ公園は見どころの多い隠れ名スポットであることを前回のブログでご紹介しました!
カロリーナ公園の詳細、アクセス情報や植物園の情報は以下の記事をご覧ください♪

「生さだ」中継地、エクアドルの首都キトのカロリーナ公園は見どころいっぱい!

このカロリーナ公園内には、爬虫類両生類好きにはたまらないスポットがあるんです!
エクアドルの貴重な爬虫類両生類たちが、ここ1か所で観察できてヘビにも触れちゃうんですよ~!

キトの爬虫類・両生類ビバリウムとは?

南米エクアドルに生息するカエル、カメ、イグアナ、ワニ、ヘビといった動物が展示されている、爬虫類・両生類専門の動物園です。
あまり知られていませんが、エクアドルは非常に豊かな生物多様性を持つ国!
エクアドル本土はアンデス、アマゾン、海岸部の3つの地域に分類されそれぞれに貴重な爬虫類・両生類が生息していますが…その全ての地域を回るのは旅行者にとっては大変ですよね。

そんな忙しい現代人にぴったり!このビバリウム1か所で、エクアドル本土全域の貴重な爬虫類・両生類が一気に見られるんです!

エクアドル、キトのビバリウム外観

こちらが施設入口です♪
中央の入口横の窓口で入場料(大人1名3.50ドル、子ども1名2ドル)を支払ってさっそく入場しましょう。
施設内はあまり広くないので、30分ほどで回れます。

このビバリウムはカロリーナ公園内の施設ですが、公園の中央ではなく外側、道路沿いに面しているのでバスやタクシーに乗車して行く際は運転手(またはバス係員)に「ビバリウムに行きます」と告げるのがおすすめです。
行先をカロリーナ公園と告げるよりも、この方がビバリウムにより近い停留所で知らせて降ろしてもらえますよ!

そして、施設内は写真撮影禁止です!
日本ではまず見られないであろう珍しい種も展示されているので、すごーーーーく写真に収めたくなりますが、目に焼き付けることでガマンしましょう。

ビバリウムの目玉コーナー!見逃さないで!

施設内展示だけでも楽しめるビバリウムですが、せっかく訪れたなら名物コーナーを是非見逃さないで頂きたいのです…!
このビバリウムでは、施設裏会場で職員によるヘビの解説&ふれあい体験コーナーが開催されるのです!参加費は無料!
毎日数時間に1度開催されているので、入場チケット売り場で開催時間を聞いておいて、時間を狙って入場すると良いですよ。
開催時間が近くなると館内でも係員がアナウンスして知らせてくれます。
私は12時の会に参加しました。
時間は20~30分ほどなので気軽に参加できますよ!

ヘビ解説&ふれあいに参加してみた


開催時刻を知らせる係員の案内に従って施設裏に出ると、緑のテントがあるのでそこに入ってわくわくしながら待ちましょう。
このコーナーは撮影フリーなのでカメラを手元に準備しておきましょうね。

時間になると職員のお兄さんがボアを連れてやってきました!
最前列で目を輝かせて座る明らかなモンゴロイドに一瞬「(^o^)…?」という顔をされましたが(解説は全編スペイン語なので、このアジア人内容理解できるかな大丈夫かな、と思ったようです)、順調にスタートです。

ビバリウム職員によるヘビ解説

ボア大きい!

ヘビの生態、毒ヘビと毒のないヘビの見分け方などを分かりやすく教えてくれます。
このコーナーは小さな子どものいる家族連れが主なターゲットのため、お子様にも理解できるようあまり難しい単語は登場しません。
スペイン語学習初心者でも理解できますよ!

そしてフリップも使って視覚でも理解できるように解説してくれるので、ぶっちゃけスペイン語分からなくても問題ないです。奮ってご参加ください。

解説の後にはいよいよ、ボアとの触れ合い体験!
解説コーナーを終えると、
「これで解説を終わります、ありがとうございました!ボアに触りたい人は会場に残ってください。」
と知らせてくれます。
解説は聞きたいけど、ボアに触るのはちょっと…という層にも配慮したこの気遣い!素晴らしいですね!

というわけで会場に残っていると、お兄さんがボアを抱えて参加者ひとりひとりのもとを回ってくれるので、優しくそっとボアに触ってみましょう。

ボアとのふれあい体験

恐る恐るボアに触る子どもたち。
そして…

ボアが目の前に!

目の前にボアさんあいさつ回りで登場。

ツルツルひんやりでした!ボアちゃん大人しくてとてもいい子でした。
すごく楽しかったです、是非参加してみてください♪

旅行情報まとめ

カロリーナ公園内、爬虫類・両生類ビバリウム(Vivarium de Quito)
入場料: 大人1名3.50ドル、子ども(3~12才)1名 2ドル
開園時間: 火曜~日曜9:30~17:30(月曜定休)
住所: Av. Amazonas 3008 y Rumipamba, interior del parque La Carolina


♪twitterではガラパゴスやエクアドル本土の写真を毎日更新中!フォローお願い致します♪
http://twitter.com/batfisherAKIKO
♪Youtubeチャンネルも是非視聴・登録お願い致します♪
https://www.youtube.com/channel/UC9OnRJODetWIsXgCDSJ62kQ?view_as=subscriber
♪ガラパゴス諸島の保全を援助したい!と思った方はこちら(NPO法人日本ガラパゴスの会HP)♪
http://www.j-galapagos.org/

ABOUTこの記事をかいた人

ガラパゴスバットフィッシュ愛好家、NPO法人日本ガラパゴスの会スタッフ。たまたま本で見たガラパゴスバットフィッシュに大恋愛し、大学在学中に2度ガラパゴス諸島に渡航、バットフィッシュを観察。 卒業後は、ガラパゴス諸島のチャールズ・ダーウィン研究所のボランティアスタッフとして活動。およそ1年半をガラパゴス諸島及びエクアドル本土で生活した。現在、ガラパゴスバットフィッシュやガラパゴス諸島に関する寄稿、トーク、講演を行っている。