年末のご挨拶

前略 ガラパゴスバットフィッシュ様

私としたことがッ…更新したつもりでいたブログが下書き保存で終わっておりました…!
ということでまずは、10月にご報告するはずだった内容を大変遅ればせながらお知らせいたします…。

10月4日、調布FM『Butterfly Star』に出演いたしました!

海底からお聴きいただけましたか?
『Butterfly Star』さんは音楽とアートの番組。
ということで、「ガラパゴスでの思い出の曲」と、「あなたの真っ赤な唇というアート」をお話しさせていただきました。

番組DJはRikakoさんとChicacoさんのアーティスト姉妹…実は姉のRikakoさんとは中高の同級生!
彼女は学生時代から音楽が好きだったので、今こうしてそれをテーマにラジオ番組を持っていることに「すごい!」と感動です。
妹のChicacoさんも物腰がやわらかい方で、姉妹揃って素敵!
お招きいただけて嬉しかったです✨

番組内で紹介させていただいた曲はMarc Anthonyの「Vivir Mi Vida」。
この曲がリリースされた2013年に私は初めてガラパゴス諸島へ渡航したのですが、当時本当にあらゆる場所(タクシーの車内、レストラン、窓を開け放った民家からの大音量etc)で流れていました。大流行していたのです。

↑MV開始1分3秒~歌が始まります。

心地よいテンポとメロディーで、最初に耳にした時から「素敵な歌だな」と記憶に残りました。
この曲を聞く度に初渡航当時の景色、街のにおい、心情を思い出します。
私にとってこの曲は、あなたと初めてお会いできたあの夏を彩るテーマソングなのです。

今年も愛はとまらなかった

今年は日本初のバットフィッシュ本、つまりあなたについての本を出版できたことが心から嬉しかったです。
約13年に渡るあなたへの片思いがこうしてひとつの形になるなんて!
この本を通して多くの方にあなたという尊き存在、魅力、そしてあなたの故郷について知っていただけたら嬉しいです。

そしてこの1年、メディアに取り上げていただいたり、マリンダイビングWebさんで連載を持たせていただいたり…。
あなたへの片思いも来年で14年、しかし年々あなたへの愛は強くなっていると感じています。
謎だらけのあなたについて調べれば調べるほど、写真を見返せば見返すほど、「あれ、ここはどうなんだろう?」「もしかしてこうなのかもしれない!」とどんどんわきでてくる興味、そして「やっぱり何度見ても胸が震えるほど可愛い」という愛おしさ。

来年もこの愛、とまらずに加速させて参りますわ。

それでは、この1年も大変お世話になりました。
素敵な年の瀬をお迎えくださいませ。

♪twitterではガラパゴスやエクアドル本土の写真を毎日更新中!フォローお願い致します♪
http://twitter.com/batfisherAKIKO
♪Youtubeチャンネルも是非視聴・登録お願い致します♪
https://www.youtube.com/channel/UC9OnRJODetWIsXgCDSJ62kQ?view_as=subscriber
♪ガラパゴス諸島の保全を援助したい!と思った方はこちら(NPO法人日本ガラパゴスの会HP)♪
http://www.j-galapagos.

ABOUTこの記事をかいた人

ガラパゴスバットフィッシュ愛好家、NPO法人日本ガラパゴスの会スタッフ。著書『バットフィッシュ 世界一のなぞカワくん― ガラパゴスの秘魚』(さくら舎) 。 たまたま本で見たガラパゴスバットフィッシュに大恋愛し、大学在学中に2度ガラパゴス諸島に渡航、バットフィッシュを観察。 卒業後は、ガラパゴス諸島のチャールズ・ダーウィン研究所のボランティアスタッフとして活動。およそ1年半をガラパゴス諸島及びエクアドル本土で生活した。現在、ガラパゴスバットフィッシュやガラパゴス諸島に関する寄稿、トーク、講演、メディア出演等を行っている。