誰もが気付いていない!?バットフィッシュのある部分

誰もが気付いていない!?バットフィッシュのある部分 アイキャッチ

ガラパゴスバットフィッシュ(レッドリップドバットフィッシュ)は、そのユニークさからこれまで「へんないきもの」「ざんねんないきもの」といった書籍にイラストで掲載されてきました。
マンガ「波打際のむろみさん」では、そのままガラパゴスバットフィッシュというキャラクターとして描かれています。

ガラパゴスバットフィッシュです

しかし!!

私はそれらのイラストを拝見する度に、グヌゥ…と唸ってしまいます。
その全てに共通して、欠けている部分があるからです。
それを責めようとは決して思いません、なぜなら私自身も実際にガラパゴスの海で彼らを観察するまで気付かなかった部分でしたから…。

お時間のある方、まずは本記事を読み進まずに、今この段階でガラパゴスバットフィッシュの絵(斜めか横からの角度)を是非描いてみてください。
その後、答え合わせとしてここから先の文をご確認くださいませ。

もし、その部分まで描けていたら…貴方様は、お世辞ではなく本当にものすごく観察力が鋭いです!全私がスタンディングオベーションで讃えさせて頂きます!

誰もが気付かない?この部分、わかりますか?

それでは参ります。
こちらが、実際のガラパゴスバットフィッシュ(レッドリップドバットフィッシュ)の写真。

ガラパゴスバットフィッシュ(レッドリップドバットフィッシュ)ななめから

そしてこちらが、2009年出版「せいぞろい へんないきもの」の表紙イラストのバットフィッシュ。

「せいぞろい へんないきもの」表紙

何かが足りていないのに、気付きましたか?

正解は…

この部分でございます!


この部分!

え?よくわからない?
もう少しクローズアップされた別の写真でもどうぞ!

この部分!この部分!

この!写真立ての脚のような!!気持ちばかりの尻ビレ!!!

この部分、以前の私含め本当に本当に皆様なかなか気づかないのです!だって地味だから!

他のお魚と比べるとあまりにも心細い、「これはほんの気持ちですが…」とバットフィッシュご本人も言っていそうな尻ビレ。
それでも、このように地に手足(正しくは胸ビレと腹ビレ)をつけている時には必ずこの尻ビレも活躍していて、安定したバランスで立ち止まるのにそれなりに重要な役割を担っているようです。

バットフィッシュの尻ビレ

なぜなら、泳いだのち着陸する間際、彼らはこの尻ビレをピコンと立てるのです。
その役割は、まさに写真立てが自立するための脚(イーゼル)かのよう。

逆に、泳いでいる際はこのようにこの尻ビレを立てずに胴体に沿わせています。

バットフィッシュが泳いでいる時

しかし、このようにぴっちりと体に沿わせずに甘くたたんでいるだけの場合もあります。

尻ビレを甘くたたんでいる例

もう着地しようか、それとももうちょっと泳ぎ続けようか迷っているのかもしれません。
あくまで私見ですが、観察しているとこの尻ビレに彼らの心理がなかなか顕著に表れると感じます。

ガラパゴスバットフィッシュだけじゃない

この非常にささやかな写真立ての脚かのような尻ビレは、ガラパゴスバットフィッシュ(レッドリップドバットフィッシュ)のみでなく全ての近縁種にも存在します。

ガラパゴスバットフィッシュは世界中のどの水族館にも展示されておらず、現地の海中でしか見ることはできませんが、例えばカリブ海に生息する近縁種のロングノーズバットフィッシュは日本のいくつかの水族館でも展示されているので、是非この可愛い尻ビレを観察してみてください!

《ガラパゴスバットフィッシュについてもっと知りたい方はこちらの記事をどうぞ!》

ABOUT GALAPAGOS BATFISH

なぜ、ガラパゴスバットフィッシュがたまらないのか…クセがすごい魅力3選


♪twitterではガラパゴスやエクアドル本土の写真を毎日更新中!フォローお願い致します♪
http://twitter.com/batfisherAKIKO
♪Youtubeチャンネルも是非視聴・登録お願い致します♪
https://www.youtube.com/channel/UC9OnRJODetWIsXgCDSJ62kQ?view_as=subscriber
♪ガラパゴス諸島の保全を援助したい!と思った方はこちら(NPO法人日本ガラパゴスの会HP)♪
http://www.j-galapagos.org/

ABOUTこの記事をかいた人

ガラパゴスバットフィッシュ愛好家、NPO法人日本ガラパゴスの会スタッフ。たまたま本で見たガラパゴスバットフィッシュに大恋愛し、大学在学中に2度ガラパゴス諸島に渡航、バットフィッシュを観察。 卒業後は、ガラパゴス諸島のチャールズ・ダーウィン研究所のボランティアスタッフとして活動。およそ1年半をガラパゴス諸島及びエクアドル本土で生活した。現在、ガラパゴスバットフィッシュやガラパゴス諸島に関する寄稿、トーク、講演を行っている。